睡眠に良いとされる「オルニチン」と「グリシン」不眠対策にはどっちが有用なの?

睡眠に良いとされる「オルニチン」と「グリシン」不眠対策にはどっちが有用なの?

オルニチングリシン。両方とも睡眠には良いとされている成分ですが、

 

 

 

一体どちらも成分がいいの?

 

 

オルニチンとグリシンが両方入ったサプリメントがあれば良いのですが、私が認知する限り、2成分を同時配合したサプリは存在しません。

 

不眠対策として、オルニチンとグリシンに使い分けに関して解説していきたいと思います。

 

グリシンを知るキーワードは「睡眠」と「美容」

グリシンを知る上で重要なのは、「睡眠」と「美容」だと考えています。

 

 

もともとグリシンは、ゼラチンから発見された成分です。グリシンはアミノ酸であり、体内でも合成が可能な「非必須アミノ酸」に分類されます。

 

ですから基本的に体内で不足することはなく、バランスの良い食生活で補うことができる成分ではあります。

 

グリシンの睡眠に対する効果

入眠準備

グリシンは体の中の深部体温を下げて、眠る準備に入るサポート的な働きをします。

 

深部体温が下がらないと、上手に睡眠に入ることができません。深部体温が下がるということは、裏を返すと末端の温度が上がっているということです。

 

 

グリシンには血管を拡張する働きがあると示唆されており、手足などの末端の血管が広がると、その表面からより多くの熱を放出できるので、結果的に深部の体温が下がることに貢献します。

 

より自然な入眠サポートをしてくれる成分です。

 

ノンレム睡眠を延長する

睡眠には2種類あり、「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」です。

 

特に「疲労の回復」や「脳を休ませる」のに有効とされるのは「ノンレム睡眠」の方です。

 

「ノン」と付くので、浅い眠りの段階のようなイメージがありますが、全く逆で、ノンレム睡眠は脳を休める深い睡眠です。

 

ノンレム睡眠を時間延長することにより、より深い「ぐっすり」を体感でき、効果的な疲労対策となります。

 

グリシンのと美容

グリシンはゼラチンから発見された成分だとお伝えしました。

 

グリシン自体は、コラーゲンを作る材料にもなり、美容に熱心な女性にはうれしい成分です。グリシンは、髪の毛の主成分「ケラチン」を作る材料でもある為、健康的な毛髪を維持する為にも大切な成分です。

 

深睡眠をサポートし、翌朝もスッキリ

実はノンレム睡眠の中にも、段階があり、最も深いステージが「深睡眠」です。

 

グリシンは深睡眠へと誘う働きがあるとされ、「熟睡」を実感するのに有用な成分です。深い睡眠を得たことにより、翌朝のスッキリ感を実感できるでしょう。

 

オルニチンを知るキーワード「体のメンテナンス」と「解毒」

グリシンと違い、オルニチンには入眠準備を整えるような働きはありません。

 

オルニチンは「疲労対策」や「目覚めの倦怠感対策」に有用な成分で、睡眠との深い関わりがあるとされています。グリシンとの違いは「睡眠対策へのアプローチ方法の違い」だと言えます。

 

少し噛み砕いていれば、体のメンテナンスによって良質な睡眠を得る。というようなアプローチです。

 

成長ホルモンの分泌を促し、体のメンテナンス

成長ホルモンをご存知でしょうか?成長というだけあって、子供にとってはとても重要なホルモンです。

 

しかし、成人にとっても大切であることは変わりなく、いわば、体のメンテナンスを担っているホルモンとも言えます。

 

傷ついた筋肉の修復や、疲労の回復などに寄与するとされているホルモンです。「眠り」だけでなく、総合的な体のメンテナンスとなるのがオルニチンです。

 

オルニチン回路を活性化させ、疲労対策

オルニチンのもう一つの役割として「解毒」があげられます。

 

具体的には、タンパク質の代謝過程で生じた「アンモニア」を、比較的無害な「尿素」に変換する役割です。アンモニアは体内に存在すると、疲労感を感じやすくなってしまいます。すばやい無害化が必要で、そこで活躍するのがオルニチン成分です。

 

ノンレム睡眠を延長するという研究結果も

ここまでの内容だと、オルニチンは睡眠に対する効果は全くないように感じます。

 

確かに、睡眠への直接的な効果を示した「ヒトへの研究」は少ないように感じます。ラットを用いた実験で、オルニチンを投与したラットは、ノンレム睡眠の時間が延びたという研究報告も存在します。

 

 

さらに言うなれば、オルニチンを機能性成分とし、睡眠に関する機能性表示を認められた商品もあります。

機能性表示としては

本品にはオルニチンが含まれます。オルニチンは、快眠(良い寝つき・深く長く眠れた感覚)をサポートすることが報告されています。

 

根拠なく機能性表示食品は受理されないので、少なくとも、オルニチンが睡眠と深い関わりがあることが、「消費者庁」によって受理されたことになります。

 

届出番号:B494

 

オルニチンと睡眠に関しては以下の記事を参照ください

 

参考:オルニチンサプリで良質な睡眠を!深い眠りのポイントは「成長ホルモン」では無かった!?

 

睡眠の質にお悩みならグリシン、総合対策ならオルニチン

これは私の見解になりますが、布団に入ってもなかなか寝付けない、翌朝もグッタリなど「睡眠の質」だけにお悩みであれば、やはりグリシンを配合したサプリメントをお勧めします。

 

睡眠の質だけでなく、なんとなく疲れが取れなかったり、ストレスを溜め込んでいる、それらが原因で深い睡眠を得られず、翌朝の疲労感が抜けないと言った方には、総合対策としてオルニチンを配合したサプリメントがおすすめです。

 

 

いずれにせよ、グリシンもオルニチンも、「睡眠に関する機能性表示成分」として、複数商品化されています。あなたの目的に合わせて、どちらの成分を重視するか決めると良いと思います。

 

グリシンのオススメサプリ

グリシンとテアニン両方が入っている珍しいサプリメントです。グリシンの配合量はそこまで多くはありませんが、睡眠に関して有用とされている成分が12種類配合されており、総合的な睡眠対策サプリではないでしょうか。


 

オルニチンのオススメサプリ

オルニチンサプリはグリシンサプリよりも種類が多く、迷ってしまうかもしれません。選び方のポイントとしては、自然の食品由来のオルニチンが含まれていること。オルニチン以外の成分も含まれていること。あと3項目ほどありますが、さらに詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

 

オルニチンサプリの選び方

 

御託はいいから、おすすめサプリを教えて欲しい!という方には、レバリズムLが間違いないかと思います。私がオルニチンサプリを選ぶ基準は5項目あるのですが、 全ての条件をクリアしているのがこのレバリズムLなので。

 

良質な睡眠を得るために実践したいこと

サプリだけに頼らず、日ごろからの習慣を意識的に変えることが最も重要なのは言うまでもありません!最低限実践したいことを、以下に列記しておきます。

 

太陽光を浴びること

メラトニンという物質が夜に分泌されます。すると深部の体温は下がり、カラダは入眠の準備に入ります。太陽光を浴びるとメラトニンの分泌がストップし、体内時計がリセットされます。

 

入浴により深部体温を上げる

少し熱めのお湯に入ることにより、体の深部に体温を上げておきます。 体を冷やすために熱が放出され、一時的に上がっていた深部体温が下降に転じ、入眠準備をサポートします。お湯の適温としては、夏場は39度程度、冬場は40度程度が良いでしょう。

 

就寝前に食事をしない

就寝時に胃や腸の中に消化吸収待ちの食物があると、その処理に全身に血液が集中してしまいます。本来回復が必要な部位に十分な血液供給ができず、ぐっすり感の妨げとなるので、遅くとも。「就寝3時間前」には食事を終えておくことが大切です。

 

 

【合わせて読みたい】

【結論だけ】忙しい人向けのオルニチンサプリの選び方

タイプ別にオススメを結論だけ!忙しい人向けコンテンツ。

 

オルニチンサプリの口コミ一覧 オルニチンサプリの効果まとめ


みんなどう思ってる?


シンプルに効果を3つにまとめました

 

オルニチンサプリの選び方!本当にオススメできる【5商品】

5つの評価軸を元に、基準をクリアした厳選サプリとは!?

 

オルニチンと二日酔いの関係 女性とオルニチン


みんなどう思ってる?


女性への嬉しい効果とは?

 

オルニチン摂取タイミング オルニチンサプリ副作用

オルニチン摂取タイミング
適切な摂取タイミングで効果を引き出す!

オルニチン副作用
過剰摂取で心配される副作用をまとめました。

 

オルニチンサプリでγ-gtp対策を オルニチンは腎臓に悪い?

オルニチンとγ-gtp
健康診断で肝臓数値に異常が!そんなときに見て!

オルニチンと腎臓
色々と間違った情報が出回っているので・・・

 

page top